ズボラ主婦が人並みになるよう頑張るブログです

ズボラ主婦が頑張って生活

結婚式

【デメリット】ウェディングケーキをスクエアにするなら知っておきたいこと

2019年12月11日

ウェディングケーキをどの形にするか、どのようなデザインにするか悩むと思います。私が結婚式をした2016年は一段のスクエアタイプが流行っていて、表面に好きなデザインができることに惹かれ私もスクエアタイプにする予定でした。

しかし結果的にスクエアタイプは辞めました。今回はスクエアタイプを辞めた理由とウェディングケーキを選ぶときに考えることについて書こうと思います。
※あくまで一段スクエアタイプについてです。

 

スクエアタイプをやめた理由

ケーキ入刀のときに絵として地味だと思ったから
1番の理由はこれです。友人2名の結婚式に参列した際にスクエアケーキだったのですが、高さがないためケーキ入刀のときに正面からの見た目、写真写りがあまり良くないと感じました。

もしかしたらプロのカメラマンはケーキの上のデザインと新郎新婦をうまく写してくれるのかもしれまんが、参列者は無理だと思います。

 

友人たちが写真を撮るのを遠慮してしまうから
ケーキ入刀のときに友人たちが前へ写真を撮りに行く場合がほとんどで私が参列した結婚式もそうでした。

しかしケーキに高さがないので席に座っている参列者に配慮して写真を撮りに行く人が少なかったり、撮りに行った人も気を遣ってしゃがむので写真がうまく撮れなかったりしていました。そこも私の中ではマイナスポイントでした。

 

上から見ないとデザインがわからない
スクエアタイプはケーキの上の面積が広い分、好きなデザインができると思っていました。実際、好きなデザインには出来ますが、近くに来ていただかないと全く見てもらえません。

せっかくこだわったデザインも前に見に来た人にしか見てもらえないのはちょっともったいないなと思ったのでスクエアタイプは辞めようとなりました。

 

ケーキを決めるときに考えること

会場の広さ
会場が広ければ広いほど、ケーキは高さのある方が参列者によく見えますし最終的に写真写りがとてもいいです。

私は50名程のさほど大きくない会場での結婚式(ホテル/前から二列目のテーブル)に参列したことがありましたが、その人数でもスクエアタイプだとケーキ入刀のときにケーキ横しか見えず、前にも行きづらいと感じました。

 

写真写り
ケーキと自分たちがしっかり写った写真がほしいという方は高さのあるケーキをおすすめします。また、私は友人たちとケーキ前で写真を撮ったのですが、ケーキのデザインもしっかり写っていたのでそこもよかったです。

 

まとめ

私は結婚式にテーマを設けていて(夫と親交を深めたきっかけのものを飾りなどに取り入れていました)、スクエアタイプのケーキのデザインもそれにしようと考えていました。

しかし上記の理由でスクエアタイプは辞めました。そして高さのあるケーキにしたのですが、そのケーキでも充分好きなデザインを入れて作っていただけたのでスクエアしかできないデザインではない場合は一度「本当にスクエアタイプでいいのか?」と考えてみてもいいかなと思います。

色々と書きましたが、最終的には自分が満足できるケーキの形、デザインにすることが1番です。私が感じたスクエアタイプのデメリット(という程でもないですが)を見て「そういう点もあるんだな」と知っていただければと思います。

-結婚式
-

Copyright© ズボラ主婦が頑張って生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.